閉じる

SoftWare



きちょう君シリーズ シンプル経理編  

2009/09 リリース


<概 略>

 減価償却計算を行います。また、年度末を想定しきちょう君シリーズ シンプル複式簿記「重宝きちょう君」と会計連動を行うことができます。

主な機能は

  1. 一般事業用、農業経営用、不動産経営用の3つの事業形態のセレクタブルで選択した事業用の勘定科目を自動設定します。また、任意の勘定科目を追加することができます。
  2. 仕訳明細の備忘目的とした付箋機能があります。
  3. 証憑台紙(A4用紙)を印刷することができるので、仕訳に対する証拠書類を楽に整理することができます。
  4. 記帳と総勘定元帳が連動しているので仕訳入力した時点で勘定毎の残高を瞬時に把握することができます。また、貸借対照表、損益計算書、合計残高試算表、総勘定元帳(電子元帳:勘定科目毎仕訳明細)も同様です。
  5. 仕訳入力インターフェースは、単式簿記の記帳の分かり易さをベースとした出納帳形式での操作となり複式簿記の煩わしい貸借バランス記帳を意識することなく記帳処理を行うことができます。
  6. 仕訳頻度の高い摘要そして付帯する勘定仕訳を予め登録する機能を備えていますので摘要のテーブル化で仕訳入力が迅速かつ正確に処理することができます。また、摘要の選択頻度を基準として並び替えを行うことができるので使用頻度による摘要選択がより快適に操作することができます。
  7. 経費勘定取引において経営按分率を指定することで経営側と家計側へ自動的に按分仕訳を行う機能を具備しています。 (例えば、自家用車のガソリン代の3割を経営に按分する勘定取引時に1行の仕訳で経営と家計へ自動で記帳することができます。)
  8. 消費税対応版です。消費税は、税法改正に伴い税込起票を推奨したシステムとなります。
    (総勘定元帳を基準データとして会計年度末一括自動税抜処理機能による消費税レポートを作成します。)
  9. 会計年度末には申告決算書を作成することができます。  (仕訳記帳時点でも随時作成が可能であり常に収支状態を把握することができます。)
  10. 各種区分(勘定科目、消費税区分等)の参照機能でらくらく入力。
  11. 減価償却計算からの会計仕訳連動機能を具備しています。


1.メニュー


複式簿記を起動すると上図のメニューが表示されます。
データエントリーは、記帳欄、現金、普通預金 普通預金◆普通預金、一般の4種類です。

2.作業手順



データエントリー画面


上図は、「現金」を選択した時の入力フォームです。

3.貸借対照表・損益計算書・証憑台紙

○貸借対照表


○損益計算書


○証憑台紙



Copyright (c) WebMambow, All rights reserved