ショートカットキー操作を覚えよう。

基本あらかると

 Excelは、マウス、ショートカットメニューを利用した操作で十分満足しますが、キー操作(ショートカットキー)での入力・編集を覚えると格段に操作効率が向上します。必要なショートカットキーを覚えて操作に一段と磨きをかけてください。
WebMambowがよく使うキーを5段階○の数で表します。また、特に覚えるべきキーをで表現します。
ご参考下さい。
尚、このショートカットキー一覧は、「Excelマスター道」から引用したものです。


利用度合  目    的   キ ー 操 作
■ データ入力で使うショートカットキー
○○○○○ セルの入力を確定する。 Enter
○○○○○ セルの入力を取り消す。 Esc
○○ 直前の操作を繰り返す。 F4 または Ctrl + Y
○○○○○ セル内で改行する。 Alt + Enter
○○○○○ セル内で、カーソルの左の文字または選択範囲を削除する。 BackSpace
○○○○○ セル内で、カーソルの右の文字または選択範囲を削除する。 Del
  セル内で、行末までの文字を削除する。 Ctrl + Del
○○○○○ セル内で、1 文字、上、下、左、または右に移動する。 方向キー (↑↓←→)
セル内で行頭に移動する。 Home
  メモを編集する。 Shift + F2
  行ラベルや列ラベルから名前を作成する。 Ctrl + Shift + F3
  選択範囲内で下方向のセルにコピーする。 Ctrl + D
  選択範囲内で右方向のセルにコピーする。 Ctrl + R
  選択したセル範囲に、アクティブ セルと同じ値を入力する。 Ctrl + Enter
  セルの入力を確定し、選択範囲内で下に移動する。 Enter
  セルの入力を確定し、選択範囲内で上に移動する。 Shift + Enter
  セルの入力を確定し、選択範囲内で右に移動する。 Tab
  セルの入力を確定し、選択範囲内で左に移動する。 Shift + Tab
○○○○○ セル全体の範囲を指定する。
シート単位に複写する時に便利です。
Ctrl+A
セルまたは数式バーで使うショートカット キー
○○○○○ 数式の入力を開始する。 = (等号)
○○○○○ セルまたは数式バーの入力を取り消す。 Esc
○○○○○ アクティブなセルを編集する。 F2
○○○○○ アクティブなセルの内容を消去するか、または内容を編集している
アクティブセルで前の文字を削除する。
BackSpace
  数式に名前を貼り付ける。 F3
  名前を定義する。 Ctrl + F3
  開いているブックのすべてのシートを計算する。 F9
  作業中のシートを計算する。 Shift + F9
  SUM 関数を挿入する。 Alt + Shift + = (等号)
  現在の日付を入力する。 Ctrl + ; (セミコロン)
  現在の時刻を入力する。 Ctrl + : (コロン)
  ハイパーリンクを挿入する。 Ctrl + K
○○○○○ セルの入力を確定する。 Enter
  アクティブ セルの 1 つ上のセルの値を、
アクティブ セルおよび数式バーにコピーする。
Ctrl + Shift + "
(ダブル クォーテーション)
  セルの数式と計算結果の表示を切り替える。
※ただし、101 および 104 キーボードでは、この機能は利用できません。
Ctrl + Shift + ` (アクセント符号)
  アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、
アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。
Ctrl + Shift + '
(クォーテーション)
○○○ 数式を配列数式として入力する。 Ctrl + Shift + Enter
  数式に有効な関数名が入力されている場合、数式パレットを表示する。 Ctrl + A
  数式に有効な関数名が入力されている場合、
その関数の引数名を ( ) で囲んで挿入する。
Ctrl + Shift + A
  オートコンプリートの一覧を表示する。 Alt + ↓
■ データ書式設定で使うショートカットキー
  [書式] メニューの [スタイル] を選択する。 Alt + Shift + ' (クォーテーション)
  [書式] メニューの [セル] を選択する。 Ctrl + 1 (テンキー不可)
  [標準] 表示形式を設定する。 Ctrl + Shift + ~
  [通貨] 表示形式 (\-1,234) を設定する。 Ctrl + Shift + $
  [パーセンテージ] 表示形式 (小数点以下の桁数 0) を設定する。 Ctrl + Shift + %
  [指数] 表示形式 (小数点以下の桁数 2) を設定する。 Ctrl + ^
  [日付] 表示形式 (yyyy/mm/dd) を設定する。 Ctrl + Shift + #
  [時刻] 表示形式 (hh:mm、24 時間表示) を設定する。 Ctrl + @
  桁区切りの表示形式を設定する。 Ctrl + Shift + !
  外枠の罫線を設定する。 Ctrl + Shift + &
  すべての罫線を削除する。 Ctrl + Shift + _
  太字の書式の設定と解除を切り替える。 Ctrl + B
  斜体の書式の設定と解除を切り替える。 Ctrl + I
  下線の設定と解除を切り替える。 Ctrl + U
  取り消し線の設定と解除を切り替える。 Ctrl + 5 (テンキー不可)
○○ 行を非表示にする。 Ctrl + 9 (テンキー不可)
○○ 非表示の行を表示する。 Ctrl + Shift + (
○○ 列を非表示にする。 Ctrl + 0 (ゼロ) (テンキー不可)
○○  非表示の列を表示する。 Ctrl + Shift + )
■ データ編集で使うショートカットキー
○○○○○ アクティブなセルを編集する。 F2
○○○○○ セルまたは数式バーの入力を取り消す。 Esc
○○○○○ アクティブなセルの内容を消去するか、または内容を編集しているアクティブ セルで前の文字を削除する。 BackSpace
  数式に名前を貼り付ける。 F3
○○○○○ セルの入力を確定する。 Enter
  数式を配列数式として入力する。 Ctrl + Shift + Enter
○○○ 数式に有効な関数名が入力されている場合、数式パレットを表示する。 Ctrl + A
数式に有効な関数名が入力されている場合、その関数の引数名を( ) で囲んで挿入する。 Ctrl + Shift + A
■ 選択範囲を挿入、削除、またはコピーするときに使うショートカット キー
○○○○○ 選択範囲をコピーする。 Ctrl + C
○○○○○ コピーまたは切り取った範囲を貼り付ける。 Ctrl + V
○○○○○ 選択範囲を切り取る。 Ctrl + X
  選択範囲の数式と値をクリアする。 Del
  空白セルを挿入する。 Ctrl + Shift + + (プラス)
  選択範囲のセルを削除する。 Ctrl + - (マイナス)
直前の操作の実行結果を元に戻す。 Ctrl + Z
選択範囲を選択、移動するときに使うショートカット キー
○○○○○ 範囲を選択する。 Shift + ↓ (↑ , ← , → )
  移動する方向は、[編集] タブ ([ツール] - [オプション])
で指定します。
Enter
  下方向に移動するには、[編集] タブ ([ツール] - [オプション])
で方向を指定します。
Shift + Enter
  選択範囲が 1 列だけの場合は、1 セル下に移動します。 Tab
  選択範囲が 1 列だけの場合は、1 セル上に移動します。 Shift + Tab
  選択範囲内の四隅を右回りで移動する。 Ctrl + . (ピリオド)
  隣接しない複数の選択範囲間を右方向に移動する。 Ctrl + Alt + →
  隣接しない複数の選択範囲間を左方向に移動する。 Ctrl + Alt + ←
ブックやシートの中を移動またはスクロールする時に使うショートカット キー
○○○○○ アクティブ セルを上、下、左、または右に移動する。 方向キー  (↓↑←→)
  データ範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動する。 Ctrl + 方向キー
○○ 保護されているワークシートで、ロックされていないセル間を移動する。 Tab
○○ 行の先頭に移動する。 Home
  ワークシートの先頭に移動する。 Ctrl + Home
  データが入力されている範囲の右下隅のセル
(A1 などのワークシートの先頭のセルに対する反対側のセル)
に移動する。
Ctrl + End
○○○ 1 画面下にスクロールする。 PageDown
○○○ 1 画面上にスクロールする。 PageUp
○○○  1 画面右にスクロールする。 Alt + PageDown
○○○ 1 画面左にスクロールする。 Alt + PageUp
○○○○ ブック内の次のシートをアクティブにする。 Ctrl + PageDown
○○○○ ブック内の前のシートをアクティブにする。 Ctrl + PageUp
  次のブックまたはウィンドウに移動する。 Ctrl + F6 または Ctrl + Tab
  前のブックまたはウィンドウに移動する。 Ctrl + Shift + F6
または Ctrl + Shift + Tab
  次のウィンドウ枠に移動する。 F6
  前のウィンドウ枠に移動する。 Shift + F6
  アクティブ セルが表示されるまでスクロールする。 Ctrl + BackSpace
 エンド モードの場合の目的
  エンド モードのオンとオフを切り替える。 End
  行内または列内で、ブロック単位で移動する。 End、方向キー
  データが入力されている範囲の右下隅のセル
(A1 などのワークシートの先頭のセルに対する反対側のセル) に移動する。
End、Home
  データが入力されている末尾の列の行に移動する。
このキーは、[移行] タブ ([ツール] - [オプション]) の
[Lotus 1-2-3 形式のキー操作] チェックボックスがオンの場合は
使用できません。
End、Enter
  スクロール ロックがオンの場合の目的 キー操作
  スクロール ロックのオンとオフを切り替える。 ScrollLock
ウィンドウの左上隅のセルに移動する。 Home
  ウィンドウの右下隅のセルに移動する。 End
○○○○ 画面を 1 行上または下にスクロールする。 ↑ または ↓
  画面を 1 列左または右にスクロールする。 ← または →